マイクロプレートリーダーソフトウェア

職人気質のドイツ人が作った頑強なハードウェアはBMGリーダーの大きな特徴ですが、それをコントロールするソフトとデータの処理ソフトも特徴的です。 BMG LABTECHのソフトウェアは、複数ユーザーが使用可能で、標準の使い方から複雑な測定までアッセイに応じた設定を組むことができます。また、標準のソフトウェアでライフサイエンスで使われるほぼすべてのデータ処理方法に対応します。

BMG LABTECHのソフトウェアパッケージには、コントロールソフトとデータ処理ソフト「MARS」が含まれています。どちらのソフトも、ライセンス契約に制限されることなく、リーダーを使いたいすべての研究者さまのパソコンにインストールすることが可能です。また、パッケージは21CFR Part 11に標準対応していますので、追加料金は不要です。


コントロールパート

リーダーコントロールソフトは、直感的に理解しやすく、簡単に最適な測定プロトコルと測定結果を得られるインターフェースになっています。単純な測定だけでなく、複雑な組み合わせ測定の最適化も行える汎用性の高いソフトです。

プレセットプロトコルで即・測定

コントロールソフトには、一般的なアッセイ用プロトコルが30以上プレセットされています。そのまま実行するだけでなく、条件に合わせて変更しての測定が可能です。もちろん新規作成も選択できます。

登録されているプロトコルは、DNA/RNA定量、タンパク定量(Lowry, Bradford, BCA)、ELISA、生育曲線、NADH/NAD+アッセイ、デュアルルシフェラーゼアッセイTM、ADP-Glo®LanthaScreen®HTRF®、 cAMP 及び IP-One、 LANCE®AlphaScreen®、 AlphaLISA®Transcreener®、 Fluo3/4/8 カルシウム測定、 GeneBLAzer®、 PathHunter®、 Picogreen®、 GFP、 CFP/YFP測定 他

Predefined protocols
Spectral scanning and multiple well scanning modes

複雑な工程への柔軟な対応

リーダーコントロールソフトは、エンドポイント測定・カイネティック測定・複数波長連続測定・複数波長同時測定・スペクトルスキャン・ウェルスキャン(多点測定)などをサポートします。さらに、試薬ディスペンサ・O2/CO2ガスコントロール・温度制御・各種シェイキングも併せて制御します。スクリプトウィザードは、複数の測定モードを組み合わせての測定や、さらに複雑な測定を可能にします。

データ解析と出力

測定されたデータは、標準搭載の専用データソフトウェアMARSで解析します。またはワンクリックでExcel形式・ABS形式・ASCII形式で出力できます。ActiveX・DDEおよびSiLAインターフェースはLIMSシステムなどに簡単にインテグレーション可能です。

 

リーダーコントロールソフトの主な特徴

 
  • リーダー制御とデータ取得のインターフェース
  • 30以上のプレセットプロトコル
  • 速やかな実行のためのクイックスタートボタン
  • 測定中のデータのリアルタイム表示
  • エンドポイント測定とカイネティック測定
  • 複数波長連続測定・複数波長同時測定
  • スペクトルスキャン(吸光度・蛍光・発光)
  • 上方測定/下方測定はワンクリック切替
  • 不均一サンプル測定のためのウェルスキャン(多点測定)
  • 試薬ディスペンサ・O2/CO2ガスコントロール・温度制御・各種シェイキングの制御
  • 測定結果はデータ処理ソフト「MARS」に自動転送・保存
  • Excel、dBase、ASCIIでのデータ出力
  • ActiveX、 DDE、SiLAインターフェース装備
  • 各社ロボットシステム対応:ActiveX, DDEコントロール

MARS Data Analysis Software

MARSは、直感的なデータ処理を可能にする解析ソフトパッケージで、いろいろなデータ処理を可能にします。このインターフェースはBMG LABTECH社製リーダーすべてに標準搭載されており、ライセンスの追加なしに、リーダーを利用するユーザーすべてが使用することができます。

HubSpot Video

包括的なデータ処理パッケージ

MARSはマイクロプレートリーダーの測定結果をシンプルにまた効果的に表示・抽出・出力できるようデザインされています。その手順も簡略化が可能です。

Fig. 3: The MARS data analysis software can display values and curves in multiple ways.

結果評価を簡単にするデータ表示切替

MARSにはいくつものデータ表示情報があります。数値表示・グラフ表示・ヒートマップ表示を切り替えることで、簡単に測定結果の全体を把握することができます。さらにシグナルカーブ・棒グラフ・scatter-・box-・violin-プロットなどによるグラフ表示は、手始めのデータ解析に有効です。カイネティック測定の表表示はデータを類別したりソートするだけでなく、より見やすく印刷・出力するのに適しています。

Fig. 4: Data displayed as violin plots.
Fig. 5: Kinetic anisotropy curves.
Fig. 6: Parallel line analysis of dose-response curves.
Fig. 7: Data displayed as bar charts.
Fig. 8: 3D excitation/emission scan: emission wavelength (X axis), fluorescence intensity (Y axis) and excitation wavelength (Z axis).
Fig. 9: 2D excitation/emission scan: emission wavelength (X axis) and excitation wavelength (Y axis). Signal intensity is depicted as colour from low (blue) to high (red).

サンプルの濃度計算も簡単

未知のサンプル濃度を算出するために検量線を作成したり生物学的反応を評価するために、MARSにはpolynomial-・4P-・5P-などいくつかの計算式が含まれています。またカーブフィットウィザードでカスタマイズ計算式の登録も簡単に行えます。

Fig. 10: Standard curve calculation wizard.
Fig. 11: Calculation templates can be linked to specific detection protocols.

解析ワークフローの自動化

測定後データ処理を簡略化するために、複雑な段階を踏む計算やアッセイに特異的な計算をテンプレートとして保存することができます。テンプレートは各プロトコルに紐づけすることで、MARSを開けば計算済みの結果が表示されるようになります。このテンプレートは出力できますので、同じ解析を行いたい他のユーザーとシェアすることができます。

サンプルの均質性を評価するウェルマッピング

細胞や凝集などの不溶性の粒子は、ウェル内でも均一には存在しません。BMG LABTECH社製リーダーの特徴の1つであるマトリックススキャンはウェル内を最大900(30×30)ポイントの分解能で測定します。MARSではウェルごに最適のデータポイント(クラスター)を抽出してデータ解析を行うことができます。データは3D表示もできます。この機能は吸光度のカイネティック測定を3D表示するのにも利用できます。

Fig. 12: example of 3D well mapping.
Fig. 13: example of enzymatic analysis.

酵素反応の解析を簡単に

MARSには酵素反応の反応速度を評価するKm・Vmaxを求めるために、Michaelis-Menten・ Lineweaver-Burk・ Eadie-Hofstee・ Hanes-Woolf・Scatchardなどの計算式が含まれています。この機能とBMG LABTECH社の高速スぺクトロメーターによる吸光度測定により、マイクロプレートベースの酵素カイネティック測定に革新をもたらします。

結合アッセイに最適な解析

平衡またはリアルタイム相互作用アッセイの結合速度の解析には、それに適した高次のカーブフィット機能とモデルが求められます。MARSには親和性の低い化合物のスクリーニングにも使われるような結合・解離・競合阻害アッセイ用フィットモデルが数多く含まれています。

Fig. 14: Dopamine D2 Receptor Association Rate
Fig. 15: Standard curve calculation PLA

平行線分析と容量反応曲線解析

EC50/ECx値や相対効力によるドラッグ候補の比較には、MARSの平行線分析や検量線作成機能が有効です。平行線分析では世界中で一般的に使われているANOVAや生物学的同等性のテスト(US Pharmacopia社提唱)のような解析を行えます。MARSの検量線作成機能はリニアから4P-/5P-モデルまでをカバーし、最適な検量線作成をサポートします。

MARSデータ処理ソフトの主な特徴

  • ワンクリック解析を自動化
  • 棒グラフ・scatter-・box-・violin-プロットでのデータ表示
  • バックグラウンドおよびベースライン補正
  • UV/Visスペクトル表示と解析
  • リニアおよびcubic splineを使ったシグナルデータ表示
  • 移動平均計算によるシグナルスムーズ機能などによるノイズ除去
  • 複数の検量線計算式:リニア・4P-/5P-・polynomial-およびカスタム計算式
  • 信頼区間を含むEC50・ECXの計算
  • DNA/RNA濃度の自動計算
  • カイネティックカーブも含む高精度外れ値同定(Grubbs-test, Dixon-Test 他)
  • 複数モデルによる酵素反応速度の解析(Michaelis-Menten式など)
  • 一次および高次の速度式を用いた結合比率・結合定数の計算
  • ANOVAによる異なるグループの分散分析・スチューデントのt検定・多重比較
  • PLA(平行線分析法)を用いた相対潜在性の計算
  • カスタム計算式作成機能による個別計算/解析
  • Z'値・ΔF値(HTRF)・S/B・S/N・CV%などを用いたアッセイ精度評価
  • 不均一サンプル測定のための3Dマッピング
  • Excel形式・ASCII形式およびグラフ形式(ビットマップまたはベクター画像形式)でのデータ出力
  • FDA 21 CFR part 11対応
  • プリンターでの印刷レイアウトもカスタマイズ可能
  • 包括的なマニュアル

最新ソフトウェアバージョン

お客様の要望に応えるべくソフトウェアは日々改良しています。BMG LABTECH社は保証期間内のソフトのバージョンアップは無償で行っています。アップグレードをご希望の方は、担当までご一報ください。

Reader software インストールバージョン Reader Control Firmware MARS Release date
PHERAstar FSX V5.70 Edition 8 V5.70 R6 V1.33 V4.01 R2 20.05.2022
CLARIOstar Plus V6.20 V6.20 V1.35 / V2.04* V4.20 15.09.2022
VANTAstar V6.20 V6.20 V1.01 V4.20 15.09.2022
Omega series V5.70 Edition 5 V5.70 R2 V1.52 V4.01 R2 29.10.2021
SPECTROstar Nano V5.70 Edition 4 V5.70 R2 V1.21 V4.01 R2 29.10.2021
NEPHELOstar Plus V5.70 Edition 5 V5.70 R2 V1.51 V4.01 R2 29.10.2021
CLARIOstar V5.70 Edition 8 V6.20 V1.35 V4.20 15.09.2022
PHERAstar V5.70 Edition 8 V5.70 R6 V1.42 V4.01 R2 20.05.2022
PHERAstar Plus V5.70 Edition 8 V5.70 R6 V1.42 V4.01 R2 20.05.2022
PHERAstar FS V5.70 Edition 8 V5.70 R6 V1.33 V4.01 R2 20.05.2022
OPTIMA series V2.20 R14 V2.20 R2 V1.26 V3.01 R2 20.12.2013
NOVOstar V1.30 R9 V1.30 V1.22 V2.41 06.11.2012
NEPHELOstar
V4.32 R9 V4.32 V3.07 V2.41 06.11.2012

*Compatible from serial number 430-4001

最小システム要件

  • Microsoft Windows 7 / 8 / 10 / 11以上( 2 GHz以上)
  • 1GB RAM以上推奨
  • ソフトウェアインストールにハードディスク2GB以上の空き容量が必要
  • 最小ディスプレイ分解能 1280x900ピクセル
  • 空きUBSポート1つ(旧機種はシリアルポート)
Newsletter Sign-up