リーダーコントロールソフトウェア

複数ユーザーが使用可能なソフト

 

リーダーコントロールソフトは、直感的に理解しやすく、簡単にパラメータを設定できるインターフェースになっています。このインターフェースはすべてのBMGリーダーに使われ、リーダーを使いたいすべての研究者さまのパソコンにインストールすることが可能です。追加のライセンス契約は不要です。

 

複数の試薬添加やシェイキング、カイネティック測定など複雑な手順を含むプロトコルも簡単に設定できます。更に複雑な測定を行いたいときには、標準装備されているスクリプトモードで対応できます。

 

クイックアッセイボタン

 

既に多くの実績のある汎用性の高いアッセイプロトコルは事前に登録されているので、そのまま測定することができます。また、その設定をカスタマイズすることもできます。もちろん、新規作成も可能です。

 

登録されているプロトコルは、DNA/RNA定量、タンパク定量(Lowry, Bradford, BCA)、ELISA、生育曲線、NADH/NAD+アッセイ、デュアルルシフェラーゼアッセイTM、ADP-Glo®LanthaScreen®HTRF®、 cAMP 及び IP-One、 LANCE®、 AlphaScreen®、 AlphaLISA®、 Transcreener®、 Fluo3/4/8 カルシウム測定、 GeneBLAzer®、 PathHunter®、 Picogreen®、 GFP、 CFP/YFP測定 他

主な特徴

  • 測定中のデータをリアルタイムに表示
  • クイックスタートボタンで簡単スタート
  • 上方測定・下方測定は自動切り替え
  • 900ポイント/ウェルの高解像度ウェルスキャニング
  • 非均一サインプル測定用オービタル/スパイラル測定
  • 測定結果はデータ処理ソフト「MARS」に自動転送・保存
  • Excel、dBase、ASCIIでのデータ出力
  • ActiveX、 DDE、SiLAインターフェース装備
  • LIMSシステムへの簡単インテグレーション
  • 各社ロボットシステム対応:ActiveX, DDEコントロール

 

パソコン環境

  • Pentium CPU (Intel Pentium 4 相当以上、 2 GHz以上)
  • 1GB RAM 以上推奨
  • ソフトインストールに 2GB 必要
  • Microsoft Windows Vista / 7 / 8 / 10 対応
  • USB ポート(パソコン用)、シリアルポート(OPTIMAシリーズの場合)

最新ソフトウェアのバージョン確認はこちら

 

go to top