比濁測定リーダー

ネフェロメーターとは、散乱する光の強度を測定することによって、液体中に混濁した不溶性の微細粒子の濃度を算出する装置です。比濁計、濁度計とも呼ばれます。
レーザー光源はウェル内に浮遊している微細粒子によって散乱し、その散乱光は、光源に対して直角に設置された検出器によって検出されます。粒子の量は検出器に入ってくる散乱光強度から算出されます。光の散乱は、粒子の色や形状などの特性にある程度依存します。

アプリケーション

 

ライフサイエンスの分野においてマイクロプレートベースの比濁計は、創薬研究だけではなくアカデミックな研究室でも使われています。主に濁度測定、薬物溶解度スクリーニング、タンパク質結合のモニタリング、微生物の生育曲線測定、石油のプロセスコントロールに用いられています。

比濁計

 

BMG LABTECH社製プレートリーダーを使用した例:

go to top